婚約指輪も普段使いに

婚約指輪はダイヤの付いている高級なものだから、ケースにしまってそのままという人も多いのではないでしょうか。しかし、高給だからこそ普段使いしたいとは思いませんか?最近では結婚指輪と婚約指輪を重ね付けするというカップルも増えてきています。重ね付けすることで、どちらの指輪も持ち腐れずに使い続けていくことができますよね。海外では重ね付けする習慣が古くからありましたが、日本でもそういった習慣が広まってきているんですね。

よりいっそうお洒落に見える

結婚指輪と婚約指輪を重ね付けすることによって、指を普段からよりいっそうお洒落に見せることができるようになります。結婚指輪はもともと普段使い用にシンプルなデザインをしているものなので、それだけだとちょっと地味という印象もないわけではないですよね。そこに華やかな婚約指輪を重ね付けすることによって、少し落ち着いた印象だった指元が一段と華やかに見えるようになります。重ね付けすることで、お洒落を楽しむことができるというわけです。

似たデザインのものを買う

そもそも婚約指輪や結婚指輪を買う時に、似たデザインのものを買ってしまうというカップルも最近では増えています。同じようなデザインのものを買うことによって、重ね付けした時のちょっとした違和感なども解消され、また婚約指輪もより日常使いしやすいようなデザインになっていたりするので、不自由なく重ね付けをすることができるようになりますよ。ついつい大事にしまい過ぎてしまう婚約指輪にも活躍する場を与えてあげましょう。

婚約指輪には宝石付きのリング、特にダイヤモンドリングが良く選ばれます。この値段はどのようなダイヤが使われているかにより違います。