結婚指輪と婚約指輪の違い

結婚指輪とは結婚式の際に二人で交換する指輪のことです。結婚後には常に指輪を身に付けて生活しますので、結婚指輪はあまり飾り気の無いシンプルなデザインのものが多いです。一方、婚約指輪は婚約の際に男性が女性にプレゼントする指輪のことです。ドラマなどのイメージでプロポーズの際に渡すことが一般的かと思われますが、婚約後に二人で買いに行くケースもあります。婚約指輪は結婚指輪と異なり宝石が散りばめられた華やかな指輪が主流です。

結婚指輪の相場について

結婚指輪を購入する際には一般的な相場が気になります。シンプルで日常的に使うものですから婚約指輪よりも価格は抑え目になっています。結婚指輪の相場は10万円程度で、二人合わせて20万円ほどが一般的です。ただし近年は結婚指輪にも拘る人たちが増えてきましたので、価格相場は上昇傾向にあります。また既製品よりもオーダー品の方が価格は高くなります。結婚式自体は小規模化が進んでいますが、二人の記念になる結婚指輪には拘りを持ちたい人たちが増えています。

結婚指輪の購入時期について

結婚指輪を購入する時期については、なるべく早目に準備した方が良いです。結婚式が近づいて来ますと何かと準備に追われることになりますので、余裕を持って挙式の半年程前から結婚指輪を探し始めて、少なくとも挙式の3ヶ月前には購入しておきたいです。また既製品を購入するのか、オーダーで購入するのかによっても購入時期のタイミングは異なります。既製品でもサイズ調整などに3週間ほどかかりますし、オーダーの場合は2,3ヶ月程度かかりますので、その日数分を逆算して探し始めることが必要です。

マリッジリングとは、結婚指輪のことで、結婚式での指輪交換に使い、その後は夫婦とも左手の薬指に普段使いする指輪です。