黒いドレスを着ていくなら小物づかいに工夫を

結婚式に招待されると、迷うのが当日着ていく服装ですよね。黒いドレスは無難なイメージがあるので、選ばれる方も多いと思いますが、バッグや靴も黒にして一連の真珠のネックレスなどを合わせてしまうと、全身が黒いコーディネートになってしまい、まるで喪服のような印象になるので注意が必要です。参加者がほぼ黒いドレスだった場合、結婚式会場が何となく重苦しい雰囲気になってしまう可能性がありますので、明るく豪華な感じのショールやカーディガンを合わせるようにして、バッグや靴も華やいだデザインをチョイスすれば、ドレスは黒でも全身の印象がパッと華やぎますよ。

肌はあまり露出しすぎないように!

一般的に、結婚式の場や昼間の披露宴においては、膝上10cmよりも短いミニ丈のスカートや胸の谷間が大胆に見えてしまう襟ぐりなど、露出度が高い服装はマナー違反ですよね。基本的には、肩を出す服装もNGとされてしまうので、ノースリーブドレスを選ぶ場合には羽織物を合わせるようにしましょう。見た目も上品さが加わってセンス良くまとまりますよ。とはいっても、もともとカジュアルな雰囲気で開催される披露宴だったり、夜間に開かれる披露宴であれば、肩の出るドレスでも大丈夫です。

見落としがち?足元のおしゃれ

結婚式に着ていくドレスは決まったけれど、履いていく靴が決まらないという場合もありますよね。基本的なマナーでは、足元にはベージュカラーのナチュラルストッキングにヒールが5cm以上あるパンプスを合わせるスタイルがベーシックとされています。黒や色が付いたタイツ、網タイツなども好ましくありませんが、模様が入っている黒タイツなら許容される場合があります。靴も、カジュアルサンダルやブーツなどは避けるようにしましょう。

白金の結婚式場で挙式を望むカップルはとても多いです。まずは、ブライダルフェアに参加して、お気に入りの挙式スタイルを見つけましょう。