挙式後に結婚指輪を購入することも可能

結婚指輪と言うと結婚式の際に二人でお互いに交換するイメージがありますが、実は挙式後に結婚指輪を購入するケースもあります。挙式前に結婚指輪を探す時間が無かったり、満足行く指輪が見つけられなかった場合は、焦って購入しなくても挙式後に購入するといた選択肢もあります。もちろんその場合は結婚式では指輪交換が出来なくなってしまいますが、二人が話し合ってお互い納得すれば何ら問題ありません。この先ずっと着けている物ですので満足した物を手に入れたいです。

結婚指輪を購入するのは男性か女性か

結婚指輪は男性女性のどちらが負担して購入するのでしょうか。婚約指輪は男性が女性にプレゼントしますので、当然ながら男性が購入します。一方、結婚指輪は比率的には男女で一緒にお金を出し合って購入するケースが一番多いです。二人で決めて二人で購入することが、お互い一番納得する購入方法です。次いで多いのが男性が購入するケースですが、これは指輪は男性が購入するとの考えを持っている人や婚約指輪と同時に購入した場合などが当てはまります。

アフターサービスのしっかりとしたお店を選ぶ

結婚指輪はこの先ずっと着けていますので、アフターサービスのしっかりとしたお店で購入することが必要です。体型だけでなく指のサイズも変わりますので、将来的にはサイズ調整も必要となってきます。ただし宝石の付いている指輪や複数の素材を使用しているような指輪はサイズ調整が難しいケースがありますので、指輪選びの際にはそれらの点にも気をつけて選ぶことが必要です。きちんとしたお店でしたら、それらのアドバイスもしてもらえますので、お店選びも重要なポイントです。

エンゲージリングとは結婚の約束をした女性に贈る指輪で、結婚時に二人でつける指輪をマリッジリングといいます。